交通事故にあったら

交通事故後の流れ 

1.まず警察に届ける

加害者からの報告は義務ですが、被害者が届け出ることも必要です。(とくにケガを負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)
警察に「交通事故証明書」を発行してもらわないと、保険会社に保険金の請求ができません。

2.相手の確認

加害者の住所、氏名、連絡先
加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など
加害車両の登録ナンバー
勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先
(※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)

3.医師の診断を受ける

交通事故に遭ってしまったら、症状の大きい、小さいにかかわらず、必ず病院で検査を受けてください。

その場では軽症だと思っても、あとで意外とケガが重かったという例もあります。速やかに医師の診断を受けレントゲン・MRI・CTなど検査を受けましょう。受診の際は、必ず一番痛いところだけでなく、少しでも痛いところは全て医師にお伝え下さい。
出来ればその際に、診断書も書いてもらい、実際の症状と診断書の症状をご自身の目で確認してください。

なぜなら、後で「ここも痛い」と申し出ても、交通事故との因果関係がないからと保険会社がその箇所の施術を認めないケースがあるからです。

4.保険会社に連絡

加入の保険会社へ連絡しましょう。

精密検査の結果により、特別な問題がなく、当院での施術をご希望の方は、お取扱い保険会社ご担当者様に、当整骨院に通院したい旨を伝え、当整骨院の名前、電話番号、住所等をお伝えください。

近藤整骨院
〒088-0626
釧路郡釧路町桂二丁目20番地1
☎0120-085-178