プロフィール

画像の説明

高校時代柔道部に所属していた私はよく捻挫や打撲で柔道部のコーチの先生の整骨院に通っていたのがきっかけです。

最初は消防士や警察官などの人の為に頑張る仕事に憧れていたのですが、現実は厳しくあえなく断念しました。

しかし、人に喜ばれる仕事がしたいと思い色々模索したところ、柔道部のコーチである整骨院の先生が、試合前にテーピングを巻いてくれたり、練習中に怪我をした時の対応で感動したことを思い出し、自分も怪我などの痛みで困っている方の力になりたいと思い受験を決意し柔道整復師を取得しました。

柔道整復師の免許取得後、道南の整骨院に就職しました。
そして、その半年後人手不足から無謀にも分院長に就任・・・・

自分で書籍などで勉強しては壁にぶち当たるの連続で痛みを取ることの難しさを痛感しました。

そんな未熟者でも信じて通ってくださった暖かいお客さまに感謝しています。

今の自分があるのもお客様に育てて頂いたおかげと言っても過言ではありません。

最後に駅まで送って下さった患者様の言葉は今でも忘れません。

「若いうちは一生懸命勉強しなさい光陰矢の如しだよ!」
月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという意味らしいです。

今でも、初心を忘れず、地域の皆様の健康をサポートする為、日々精進しています。

※講習会などで休診することがありますがご了承くださいませ。

コメント


認証コード9883

コメントは管理者の承認後に表示されます。